嶋田工業sns 嶋田工業ツイッター 嶋田工業youtube
嶋田工業sns 嶋田工業ツイッター 嶋田工業youtube
嶋田工業株式会社
商事事業

物流機能と一体となって
太陽光発電システムや最適な建築資材を供給

企業向け、家庭向けの京セラ太陽光発電システムや
各種建築用資材を取り扱っています。
長年培ったノウハウを活かし積算から運輸、施工まで一貫してサポートいたします。

主な取扱商品

 

環境・各種設備関連製品

太陽光発電

太陽光発電

自治体庁舎や公共施設・学校はもちろん、
民間企業も防災を!

 近年、台風・地震・豪雨などの自然災害により、広範囲で長時間にわたり電力供給がストップする停電事例が多発しています。
さらに今後も…
・1時間の降雨量が80mm以上の大雨発生のリスクが年々高まっています。
・30年以内に震度6弱以上の大地震が高確率で発生すると想定されています。
災害発生を想定して非常用電源の確保も含めたBCP(事業継続計画)対策が重要です。
つまり非常用電源の確保も含め、BCP対策をすることは、企業生命に関わる経営課題として重要です。
太陽光発電+蓄電池で万一に備えましょう!!

汚水処理

汚水処理システムソフィール

国土交通大臣の認定を取得した
土壌を使った浄化槽

 ソフィールは土壌を使った浄化槽として国土交通大臣の認定を取得したシステムです。
環境保全、省エネ、リサイクルをコンセプトに事業活動を行い、全国の自治体を中心にシステムを採用頂き、信頼と信用を積み重ねてきました。
ミニソフィは汚水処理システムと多目的トイレを一体化した移動可能な循環型水洗トイレです。20フィートのコンテナ内に循環型汚水処理システム(ソフィール)をコンパクトに収納することで「ゆったり」、「広々とした」トイレ空間を創出しました。車いす利用者、高齢者、小さなお子様連れの方などに安心してお使い頂ける多目的トイレです。

木製品

構造用大断面集成材/CLT

構造用大断面集成材

木材特有の性能を保持した集成材

 構造用集成材は工場で品質管理のもとに生産される工業製品です。
大きな節などの欠点を除き、木材の長所を生かしながら、様々な製品をつくることができます。人工林からの木材を有効利用でき、また製造段階でもエネルギー消費が少なく、そして炭酸ガスを製品として長く定着する地球環境にやさしい構造材です。
 また、木材を使った新技術であるCLT取扱いをしています。CLTとは引き板を並べた層を、板の方向が層ごとに直交するように重ねて接着した大判のパネルと、それを使った建築工法をいいます。CLTは製造原版サイズが大きく、大版の壁や床に使用することができます。また、工場加工度が高いので建て方作業が短縮できます。

膜構造・鋼構造・擬岩

恒久膜構造

恒久膜構造

軽くて柔らかい膜材が、
明るく快適な空間を創ります。

 軽量で柔軟な膜の特性を生かした膜天井で創る建築には、独自の意匠性、ライティングの美しさ、開放的な空間の心地よさ、耐震性の高さや、環境への優しさなど多くのメリットがあります。
天井落下の危険は、大地震のときだけではありません。下地材の老朽化・劣化や、日々の繊細な振動、風や熱収縮、このような原因による天井落下は今日、世界中で報告されています。
重くて硬い従来の天井に代わって、新しい発想のやわらかく軽量、丈夫な膜天井が人々の暮らしを優しく包みます。

内外装製品

ALC

ALC

「工場埋設アンカーパネル」を標準仕様としているのは 業界で唯一ALCクリオンだけです。

 取付けアンカーの仕様は大きく分けて2つに大別できます。ひとつは現場でパネル内部にアンカーを挿入する仕様(現場後設置アンカーパネル)、もうひとつはクリオンのみが唯一標準仕様としている、あらかじめ工場にてパネル内部の補強筋に堅固に溶接固定する仕様(工場埋設アンカーパネル)です。パネル内部の補強筋に堅固に溶接固定することで、耐震安全性を飛躍的に向上させることが可能となります。構造躯体と緊結されるアンカー部は、耐震安全性を確保する上での、いわば心臓部といえます。
 取付けアンカーの仕様の違いはパネル建て込み後の外観からは分かりませんが、万が一の大地震時には、取付けアンカー強度の差が現れます。ALCパネルは皆、同じではありません。

施設家具

施設家具

様々な場所や用途に合わせ、
最適な空間を演出するイスをご提案しています。

空間の調和が感動を共有させる「劇場・ホール」
時と空間を、自由に演出するイス「多目的ホール」
イスから、教育の明日を考える。「教育施設」
興奮と熱狂にもこたえる強いイス。「スポーツ施設」
不変の脚光を、支えるイス。「会議場」
ホール・劇場・学校・スタジアム・アリーナ・映画館など、誰もが一度は座ったことのある公共施設のイスの提案営業を手掛けています。

個人情報保護方針情報セキュリティ基本方針

Copyright © 嶋田工業株式会社

Top