嶋田工業株式会社

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルで。0120-22-2222

竜王山花だより「シマカンギク」(H26.11.6)

  シマカンギク ヤマハッカ


竜王山の車道の登山道に沿ってシマカンギクが見ごろとなりました。
花の直径は2cmくらいですが黄色の花がひときわ目をひきます。
一番の群生地は子持御前道路の反対側で懸崖のように咲きます。
竜王山の山野草で最後を飾るのがシマカンギクです。初冬まで楽しめます。
このほかモリアザミは後1週間ほど、ヤマハッカも暫くは楽しめそうです。

竜王山花だより「モリアザミ」(H26.10.16)

  モリアザミ

 モリアザミが4部咲きとなり見ごろをむかえました。
モリアザミは背丈が1m以内で花頭は直径3.5cm前後です。 花が開く前の総苞のギザギザが力強く感じられます。
竜王山では中腹駐車場から頂上間の西側斜面に群生しています。
狭いゾーンにこれだけの群生は珍しいといえます。見ごろは今月一杯でしょう。

この他、シロヨメナ、ノコンギク、ツワブキ、が咲いており、 これからシマカンギクへと菊の仲間が次々に咲きます。 秋風に吹かれ足元の花々をお楽しみ下さい。

第14回竜王山ウォーク終了しました(H26.10.12)

  竜王山ウォーク当日の様子1 竜王山ウォーク当日の様子2


 10月12日(日に開催された竜王山にて行われた竜王山ウォークが無事終了しました。
当日は台風が接近しており、天候には恵まれず予定の変更等もありましたが、 参加された方の活気も高く、無事終了することができました。

 多くの方にご参加いただきありがとうございました。 次回の開催も皆様のご参加をお待ちしております。

第14回竜王山ウォーク開催!

  第14回竜王山ウォーク

 10月12日(日)に当社が指定管理を行っている竜王山にて第14回竜王山ウォークが開催されます。 歴史の史跡や自然に触れながら、竜王山と本山の地域を歩きます。
 毎年恒例となるこのイベントは、多くの地域の皆様が参加されています。 地域の自然を楽しめ、普段歩くことのない場所を歩くことで新しい発見があることでしょう。 竜王山では、旅する蝶「アサギマダラ」を鑑賞することが出来るかもしれません。
 お申し込みは10月7日(火)まで、市内各地の公民館で受付されています。 過ごしやすくなるこの季節、のどかな「もとやま」を歩いてみませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。


竜王山花だより「ツルニンジン」ほか(H26.9.9)

ツルニンジン             ナンバンギセル            ノアズキ

ツルニンジン ナンバンギセル ノアズキ


 竜王山にツルニンジンが咲き始めました。
 ツルニンジンはつる性で根がニンジンに似ているところからこの名がつきました。 別名ジイソブとも呼ばれています。花の直径は3cm前後。  
場所はアスレチック下のトイレの奥です。ここに数百個体の群落があります。類を見ない個体数です。 他では数個体単位でしか見られません。
まさに竜王山のお宝の一つです。 例年より早い開花で10月初旬まで次々に花を咲かせます。 ヒヨドリバナの開花も始まりまもなくアサギマダラの季節となります。

竜王山花だより「コオニユリ」「ウバユリ」(H26.8.8)

気の早いコオニユリの開花が始まりました!

コオニユリ                           ウバユリ

コオニユリ ウバユリ


 この夏、コオニユリが見事になってきました。
草を刈らないことで着実に増え、過去の繁茂を取り戻してきました。
先日7月14日にはNHKの「情報維新!やまぐち」にて竜王山のコオニユリが紹介されました。
多い場所は展望台下道路の下側斜面ですが、残念ながら夏草が茂り一般の方は近くまで寄ることができません。
 一方、モミジ谷のウバユリも見事になってきました。
県内外でもお目にかかったことが無いくらいの規模です。
もっとこの素晴らしさを地域の方のみならず県内外の方達に発信してまいりたいと思います。

次ページ ▶